サロン用語集

スタイル用語

アシメントリー左右の長さやボリュームが違う非対称なスタイル。個性的な印象。
アウトライン髪型の輪郭、シルエットが描き出すライン
イレギュラー髪の毛の長さを、わざと不均等にジグザグにカットする事。
ウェイトライン全体の中で最もボリュームのある部分
ウルフカット襟足を長めに残したレイヤーを使用したヘアースタイル。
たてがみのように髪を軽く逆立てる。首筋に添った髪のラインが魅力的。
エクステンション人毛や人口毛を自毛に直接編みこみ、髪をロングに見せられる。色やスタイルを自由に変える事ができる。
ダウンスタイル髪をまとめないで、下ろしたままの自然なヘアースタイル。
ツーブロック刈り上げた上から長いトップをかぶせ、横から見ると長い部分と短い部分の2つのブロックに分かれるスタイル。
ソフトモヒカンセンターラインに髪を長く残して、両側を短くカットしたヘアースタイル。
ボブショートからミディアムの間で、肩から上の長さのヘアースタイル。
ボックスボブ前髪を切り揃えたボブスタイル。
グラデーションボブ毛先に細かく段をいれたボブスタイル。丸みのあるやさしい印象。
マッシュボブ全体的にマッシュルームのようなシルエットで毛先に段をつけた軽い印象のボブスタイル。
ワンレングス頭の上が一番長く、下に行くにつれ徐々に短くカットしていく。段差がなく一直線に均一に見えるヘアースタイル。

カット用語

ウェットカット髪を濡らしてカットするテクニック。
エフェクトカット髪がドライ又はハーフドライの状態で髪の毛を持ち上げ、少しずつ落としながらカットし、不規則な長さにして立体感をだす。スタイルの微調整に使われるカットのテクニック。
グラデーションカット髪の毛の長さに細かい段差をつけるカットテクニック。ボリュームをだしたり、毛先に動きをだす事ができる。
シャギーカットスキバサミやカミソリなどをそいでギザギザにするテクニック。不揃いでラフな動きのあるスタイルに仕上がる。
ストロークカット毛先から根元に向けてハサミを入れるカットテクニック。断面に角度がつけられ、ボリュームをコントロールしたり、毛先に動きをつけたりする事ができる。
スライドカットハサミを削ぐようにスライドさせて毛先を先細にさせるカットテクニック。シャギーを作る時に使われ、ボリュームを抑えたり不揃いに動きを見せる事ができる。
セニングカットクセ毛や髪の量が多い人の髪にセニングシザーという刃の部分が凹凸になったハサミを使用し、長さをそのまま残しながら、量を調節するカットテクニック。
チェックカットカット終了後に不揃いな部分、長さや量などを修正するカットの事。
チョップカット毛先の微調整に使われるカットテクニック。ハサミを毛先から根元に縦に滑らせて、不揃いでギザギザな、ラフで動きのあるスタイルに仕上げる事ができる。
ツイストカット毛先をねじったり、ひねったりしながら行うカットテクニック。
ドライカット髪が乾いた状態でカットするテクニック。髪のクセやボリューム、生え方などが分かるので、質感を調整しながら、仕上がりに近い状態に調節する事ができる。
トリミングカット出来あがったスタイルを軽く整えるためのカット。
ブラントカット髪の毛に対して、ハサミを垂直に入れ、直線的にカットするベーシックなテクニック。ワンレングスなどに用いられる。
ブロッキングカット頭の場所にサイド・フロント・トップ・クラウン・バック・ネープと、カットしやすいように髪の毛を分ける事
レイヤーカット髪に段差をつけるカット法。グラデーションカットよりも段をつける幅が広いので、全体的に軽くなる。

パーマ用語

ウィビングパーマ全体にウェーブを作らないで、ある程度間を引きだしながらパーマかける事。髪の質感が変わり髪の量が多い人も毛量を調節できる。
スパイラルパーマ長めのロッドに髪の毛をらせん状に巻くパーマでウェーブが縦型のため、ボリュームがでにくく、髪の量が多い人も安心。
ツイストパーマロッドを使わずに、髪の毛をねじってつくるパーマ。
ピンパーマロッドを使わずに毛先をねじってピンで留めてつくるパーマ。短い髪の毛にもでき、毛先に動きをだしたり、柔らかい質感がだせる。
ボディパーマゆるくかけたパーマ。自然な動きのボリューム感がでる。
ミックスパーマ複数のパーマを混ぜ合わせて、いくつかの質感を出すパーマ。

カラー用語

アルカリカラー髪の毛を脱色しながら同時にアルカリ性のカラーリング剤を髪の内部まで浸透させて定着させるので色が落ちにくく発色もいいが、染色力が優れている分キューティクルや髪の内部を傷めてしまう可能性も大きい。
酸性カラー脱色をしないで髪の内部に色素を入れるカラーリング。アルカリカラーに比べると染色力は落ちるもの髪にやさしい成分が含まれているためダメージを極力抑える事ができる。
グラデーションカラー根元から毛先にかけて徐々に色のトーンを変えていき、グラデーションが付くようにカラーリングしていく。レイヤーが多く入ったスタイルにより映える。
スライシング髪の表面から内側へパネルごとに色を変えていくカラーリング法。
ハイライトベースカラーよりも明るい色を部分的にいれることで、自然な立体感をだすことができるテクニック。
ローライトハイライトとは、逆に明るいベースラインに暗い色を部分的にいれて立体感をだすテクニック。
ブリーチ本来の髪の色素を抜く事。明るい色になり、効果は永続的だが、色素が薄くなりダメージが強いのでアフターケアが必要。
ヘナカラーヘナの木の葉から採れる植物性の染料。(紅茶の一種)トリートメント効果があるのでコシや艶を失った髪も健康になる。
ヘアマニキア脱色をせず、色素を髪の表面だけにコーティングするカラーリング法。自然な色になり髪のダメージも少ないが、一ヶ月ほどで色が落ちてしまうのが難点。
マット系艶を消し赤みを抑えたグリーンがかかった茶色。
アッシュ系灰色がかかった茶色。

ブロー&スタイリング

ウエットヘアー髪が濡れたように艶をだすスタイル
オフ・ザ・フェースフェイスラインの髪をスタイリング剤やドライヤーを使って立ち上げすっきりとみせたヘアースタイル。
オン・ザ・フェースオン・ザ・フェースとは逆にフェイスラインを髪で隠すヘアースタイル。
ツイスト髪をねじってアレンジするヘアースタイル。
テンションブロウ中にブラシで髪を引っ張る力の強さの事。
バックコーム逆毛を立てる事。空気感やボリュームを出したいときに使うテクニック。毛先から根元へかけてコームを下ろしていく。
フィンガーブローブラシを使わずに手ぐしでスタイリングする事。無造作やラフな感じに仕上げたい時などに最適。

関連記事

  1. ネイル用語集

  2. エステ用語集

Category

Archive

Post

List