季節とお肌

 

春のお肌の特長とスキンケア
春

肌タイプは一生変わらないというわけではありません
季節や生活環境でも変化するので、定期的に肌をチェックすることがとても重要になります

季節によって気温や湿度が変化することにより、肌状態にも影響が表れます。
季節ごとにどんな特徴があるのかでスキンケア選びの手掛かりになるのではないでしょうか

春の肌の特長
肌のうるおいは増すが、花粉の飛散や強風によるほこり、
寒暖の不安定さ、新生活などのストレスから肌が過敏になる

春のスキンケア
外気の汚れや老廃物をきちんと落とし、保湿を心がけ、肌のバリア機能を整える。
紫外線量が増えるので、日焼け止めを取り入れる

これからの”時期痒い、ピリピリします”
とのお悩みが増えてくる時期がやってまいりました

お肌が、過敏な状態の時は「皮膚のバリア機能が健康な肌と比較して低下している状態」を指します。
皮膚のバリア機能が低下していると、さまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。
なるべくお肌に負担をかけないようにしてあげることが大切です。

 

夏のお肌の特長とスキンケア
夏

夏の肌の特長
汗の量が増え、皮脂が流れやすい、ニキビや化粧くずれで悩みやすい。
日焼け、シミ・ソバカス、肌のごわつきなど、紫外線のダメージが強い

夏のスキンケア
日焼け止めによる肌の保護や、ニキビを防ぐ毛穴ケアはもちろん、
紫外線のダメージによる水分不足にも注意する

夏のスキンケアは「洗顔」と「保湿」が大切です
汗や皮脂による汚れをそのままにしておくと、肌トラブルを招く恐れがあります。
ベタつきを抑えてしっかり保湿を心がけて下さい。

 

秋のお肌の特長とスキンケア
秋

秋の肌の特長
夏の紫外線のダメージに代わり、目元・口元などのかさつきが気になりはじめるが
気温も湿度も過ごしやすく安定した季節

秋のスキンケア
夏のダメージを引きずりがちな部分を中心に美白ケア
保湿ケアを行い、肌全体の調子を整えていく

秋は一年で一番、肌が老ける季節と言われています。
つまり夏〜秋は、肌老化が進みやすいシーズン。
秋に行うスキンケアが今後若々しい肌を保っていくためのカギになると言えます。

 

冬のお肌の特長とスキンケア
冬

冬の肌の特長
肌がかさつきやすくなり、乾燥によるしわが気になる。頬が部分的に赤くなることもある

冬のスキンケア
乾燥対策のため十分な保湿を心がける。気温の低下で血行が鈍くなるので、
マッサージや入浴などで血液循環を高めることも大切

肌タイプの思い込みはNGです
季節によってのお肌の状態が違い、その状態に応じてスキンケア方法が変わってきます
定期的に肌をチェックし お肌に合ったケアを選んで欲しいと思います

関連記事

  1. 女性らしさを上げるコツ

  2. やめたくてもやめれない白髪染めのお悩み

  3. 今日からできる白髪 薄毛 抜け毛 予防

  4. 変化が気になる大人の髪

  5. 鉄分が大事な お話

  6. シワ対策1

Category

Archive