菊の節句

重陽

季節の変わり目である節日を祝う儀式、
五節句の一つで、9月9日の節句。

月も日も陽数の9であることから、
重陽の節句とも呼ぶ。

天武天皇が宴を開いたという記述が
「日本書紀」にも残る、歴史ある行事。

古くは宮中の者たちが菊酒を飲み、
詩歌を楽しむ催しで、

江戸時代には武家を中心に
民間でも盛んであったが、

明治時代以降は一般ではあまり開かれなくなった。

九州地方ではこの日を「お九日」と呼んで尊ぶ。

関連記事

  1. ブルーベリーの梢

    夏至

  2. 彼岸花

    秋分

  3. うな重

    夏土用

  4. 立秋

  5. 霜の紅葉

    立冬

  6. 七夕

    七夕

Category

Archive

Post